ピロリ菌検査・除菌治療

ピロリ除菌治療

「ピロリ菌」とは?

胃の粘膜内に潜み、慢性胃炎や胃潰瘍の原因となる菌です。また、ピロリ菌に感染し胃粘膜が萎縮した状態に、慢性的な刺激が加わるとがんのリスクが高まると言われています。

当院では胃炎や胃潰瘍の症状にお悩みの方はもちろん、症状はないがピロリ菌による将来への影響が心配な方を対象に除菌治療(※)を行っています。

(※)保険診療でピロリ菌検査と除菌治療を行うためには胃カメラ検査が必須となります。

胃が弱い体質…もしかするとピロリ菌が原因かも!?

ピロリ菌感染による胃炎

ピロリ菌は一度感染すると、薬で除菌しない限り、ほぼ一生涯にわたって感染し続けます。

胃内でピロリ菌感染が長い間続くと、胃の粘膜が薄く萎縮した状態となります。
胃の粘膜が萎縮してしまうと、胃酸などの刺激を直接的に強く受けてしまうため、胸焼けや胃もたれ、胃痛などの症状が起こりやすくなり、これがいわゆるピロリ感染性の萎縮性胃炎と言われる状態です。
50歳以上の日本人の60%が、ピロリ菌に感染していると言われています。

「最近胃の調子が悪いんだよなぁ…」「食べるといつも胃がムカムカして…」「胃が弱いから、一生付き合っていくしかないのかな…?」とお悩みの方へ

まずは一度ピロリ菌感染のチェックを受けてみませんか?

長年悩んできた症状が、ピロリ菌の除菌治療で改善することもあります。

ピロリ菌は胃がんの元凶?

ピロリ菌に長年感染している人は、慢性的に炎症を繰り返すことで胃の粘膜が萎縮し、胃が無防備な状態です。胃酸や食物による刺激、ストレスなどの影響を受けやすくなり、胃炎や胃・十二指腸潰瘍だけでなく、胃がんのリスクも高まると言われています。

慢性胃炎がピロリ菌治療の保険適応になりました!

これまで、保険でピロリ除菌治療が可能な病気は「胃・十二指腸潰瘍」や「胃MALTリンパ腫」、「特発性血小板減少性紫斑病」、「早期胃がんの内視鏡的治療後」に限られていました。

しかし、平成25年2月より「慢性胃炎」の方へも適応が拡大し、保険でのピロリ除菌治療が可能となりました。(※)

ピロリ菌をできるだけ早い時期に除菌することで、胃炎や胃・十二指腸潰瘍だけでなく、将来の胃がんの発生リスクを減らすことが期待されています。(※※)

ピロリ菌で胃の粘膜が完全に萎縮してしまう前に、除菌治療をお勧めいたします。

(※)ピロリ陽性であること及び胃カメラでピロリ感染による胃炎を確認することが必要です。
(※※)胃がんのリスクがゼロになるという報告はないため、除菌後も定期的ながんの検査が必要です。

牧坂内科消化器科医院で行えるピロリ菌の検査方法

当院で行っているピロリ菌検査には、以下の4つの方法があります。

尿中ピロリ抗体検査(約15分)
尿に含まれるピロリ菌の抗体から、感染の有無や既往を調べます。
血中ピロリ抗体検査(約5日)
血液に含まれるピロリ菌の抗体から、感染の有無や既往を調べます。
迅速ウレアーゼ試験(約20分)
胃カメラの際に胃粘膜を少量採取し、感染の有無を調べます。
尿素呼気試験(約30分)
吐いた息に含まれる炭酸ガスを分析し、ピロリ除菌治療後の成功を判定します。

検査時間

毎日、診療時間内に随時検査可能です。

■ピロリ菌の関連サイト

牧坂内科・消化器科医院牧坂内科・消化器科医院

〒802-0981
北九州市小倉南区企救丘2丁目2-26
TEL 093-961-5151
FAX 093-962-2034

アクセスはこちら

診療科目
内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、放射線科
診療日時
午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
終日休診…第2・4土曜、日曜祝日
午後休診…木曜・土曜
診療時間
院長
(牧坂 教俊)
9:00~12:00
14:00~18:00

▲…第2・4土曜は休診日

理事長
(牧坂 泰治)
9:00~12:00
14:00~18:00
副院長
(牧坂 惠)
9:00~12:00
14:00~18:00

診療カレンダー

Calendar Loading

…休診 …午後休診

※年末年始や大型連休などの休診日は1ヶ月前頃にカレンダーへ反映されます

PAGE TOP